売却

大きな家

人生で一番高い買い物になるといわれているのがマイホームの購入です。
2014年4月からは消費税が5%から8%へと増税されましたが、マイホームの購入は高額な買い物なため、増税の影響を大きく受けることとなります。
そのため、住宅や自動車については一定の駆け込み需要があり、増税の前に購入した人も少なくないといわれています。
なお、知らない人も多いのですが、不動産を購入する場合、消費税がかかるのは家屋だけであり、土地については消費税はかからないこととなります。
そのため、同じ価格帯の分譲マンションと一戸建て住宅を比較した場合、家屋部分のウェイトが高い分譲マンションの方が、消費税の増税の影響を大きく受けることとなります。

また、2015年からは一連の税と社会保障の一体改革の一環として、相続税の基礎控除額が大幅に引き下げられました。
これまでは、5千万円の基礎控除に加え、相続人一人当たり1千万円が控除されてきました。
今回の改正で基礎控除額が3千万円、相続人一人当たりの控除額は6百万円となりました。
相続税というと、以前は金持ちだけが対象となるイメージがありましたが、今回の法律の改正で首都圏や都市部に不動産を所有する層も対象となる可能性があります。
納税のための十分な現金がない場合、自宅を売却しなくてはいけない可能性もあります。
そのため、遺産相続にあたっては、事前に税金の専門家である税理士などに早めに相談をしておくことも重要になります。