相続

家

不動産を所有している自分の親が亡くなった場合には、どうしたらいいでしょうか。
まず、相続の問題が出てきます。
上の例で言うならば、親が所有している不動産が遺産相続の対象となります。
もし、もう片方の親がいて、子供が2人(自分も含む)いる場合は、法定相続分と言ってもう片方の親に半分、残りの半分を子供二人で分けるという決まりがあります。
ただし、法定相続は遺言がない場合に適用されます。
ただ、細かい決まりはなかなか素人ではわかりにくいものです。
そこでできるだけ専門家に相談をするのが良いでしょう。
専門家に相談するときのメリットは専門家に任せておけば面倒な手続きをやってくれます。
報酬手当がかかることも頭に入れておきましょう。

遺産相続をする場合の専門家とはどんな人達でしょうか。
専門家は素人が行えない手続きなどを専門的に行ってくれる職業に就いている人たちで、特にお金関係はもめごとの原因になります。
できるだけ専門家を利用したほうが良いのです。
まず遺産相続の専門家として一番に挙げられるのが弁護士です。
素人にはわかりにくい法律関係については弁護士に任せておけば、後々のトラブルも避けることができます。
次に司法書士です。
司法書士は不動産の登記の変更などをしてくれる専門家です。
相続人同士が争っていない場合には弁護士ではなく司法書士に任せておくのが良いでしょう。
最後に税理士です。
税理士は税の専門家ですが、この場面では相続税について関係してくることがあります。